トピックス

花粉症対策について

2022.03.01

パートナー各位
株式会社エム・ケイヒューマンネット
花粉症対策について

   パートナーの皆さま方におかれましては、新型コロナウイルスの感染予防対策を取りながら春商戦の最中でご尽力いただき誠にありがとうございます。

   さて、既に気象庁等から発表されておりますが、本格的な花粉シーズンに入り、特にスギ花粉は飛散のピークを迎えております。コロナ禍での花粉症対策をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしていただき花粉シーズンを乗り切りましょう!

   つきましては、一部ではございますが、コロナ禍の花粉症対策をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしていただき一緒に花粉シーズンを乗り越えましょう!

■   目や鼻を触る前には消毒を
   花粉症では、目や鼻のかゆみも出ます。ウイルスがついた手で目や鼻をこすると、粘膜を介してウイルスに感染するリスクがあります。

■   くしゃみは下を向いて
   くしゃみ1回で発生する飛沫の量は、咳の10倍以上! 花粉症の症状にウイルスの感染が加わると、周りへ感染を拡大してしまう危険があります。

■   換気時の工夫
   新型コロナウイルス感染予防の観点から換気は大切ですが、花粉が部屋に入らないように工夫する必要があります。環境省のデータでは、窓を10センチほど開け、レースのカーテンをかけて換気をすれば、入ってくる花粉を75%カットできると言われています。

徐々に春らしい気候になってまいりましたが、朝晩はまだ寒い時期が続きます。新型コロナウイルスの感染予防と共に体調管理にはくれぐれもご注意下さい。


コロナ禍の花粉症対策

仕事・働き方でお悩みの方も、
まずはご相談ください

お仕事のご相談はお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ・仮登録は
24時間365日受付しております。